副業プランナーのもこちんです。


今回は前回に引き続きFX初心者講座その2をお届けしたいと思います。


前回の記事はこちらからFX初心者講座


さて今回は、FXのリスクについてお話します。


リスクの反対語はなんでしょうか?


リスクの反対語はチャンスです。


利益を得たりする代わりに、FXには常にリスクがついてまわります。


どんな仕事でも、副業でもリスクはあります。


ただ、FX初心者の方に注意していただきたいのは、そのリスクはけっこう大きいと思ってください。


まずは、為替変動のリスク


通貨を取引する際、自分が持っている通貨が買った時より高くなっていれば、利益(為替差益)を得ることが出来ますが、逆に安くなっていた時、それは損失(為替差損)を被ることになります。

たとえば、為替レートが米ドル円で、1ドル100円の時に、100万円分のドル(1万ドル)を買ったとします。しかし、それを円に戻す際、為替レートが1ドル90円に変動していると、取引しても90万円にしかなりません。ここで10万円の為替差損が生まれるわけです。


一気に10円動くことは、よほどのことがないとないですが、次のレバレッジを使えば、1円の変動でも、かなりの為替差損が生まれます。


レバレッジによるリスク


少額の証拠金でも、数倍〜25倍のレバレッジをかけて、大きな取引ができるのがFXの魅力のひとつですが、為替差益がレバレッジ分倍増するように、為替差損も同じように倍増していきます。


たとえば、10万円の証拠金で、10倍のレバレッジをかけて100万円として取引をしたとします。1ドル100円のレートでドルを買い、1万ドルをポジションとして持っていて、1ドル95円でその1万ドルを売ると、95万円になります。レバレッジを10倍に設定したがために、5万円の為替差損を被ったことになります。


こうなると資金は一気に半分になります。怖いですね。


レバレッジがかかっていると、何倍もの利益が望めるかわりに、何倍ものマイナスを出してしまうこともあるわけです。


ロスカットによるリスク


ロスカットは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。


FXには、株式投資のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。


また、レバレッジを高くかけることができる反面、損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。


証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。


それらのリスクを避けるためにあるのがロスカットです。


ロスカットが執行されると、コンピュータが自動的に決済します。これによって、基本的には証拠金以上の損失は出ません。つまり不足金が発生したり、借金をしたりすることはありません。


ただし、為替レートが急激に変動した場合には、実際に執行されるレートが、ロスカットの水準から大きく離れてしまうことがあり、その場合には、預け入れた証拠金以上の損失が発生することもあります。


ロスカットは、証拠金の大半を失う強制決済です。これを避けるためにも、証拠金に余裕のある取引を心がけ、レバレッジを高く設定しすぎないようにしましょう。


もこちんはロスカットによる強制決済はないですが、友人はロスカットになってかなり凹んでいたのを覚えています。


金利変動によるスワップポイントのリスク


FXでは通貨間の金利差によって、スワップポイントが受け取れます。しかし、金利が変動して高金利だったはずの通貨の金利が安くなると、スワップポイントは少なくなったり、マイナスに転じてしまうことがあります。


ポジションの取り方によってはマイナスからのスタートです。


長い期間ポジションを持つ予定の場合は、当然それ以上の為替差益がないとマイナスになります。


政治情勢や財政状況によるリスク


購入した通貨の国の情勢は、とても重要です。いくら金利が高く、魅力的な通貨だとしても、その国の信用度が低かったり、政情や財政状況が不安定だったりすると、暴落の恐れがあり、リスクがあります。これをカントリーリスクといいます。


今年の夏のイギリスのEU離脱の国民投票の結果、ポンドは大きく変動しました。


大勝したした方もいた反面、大損を被ってしまった方もいます。


テロや戦争、政策変更などのリスク


また政治情勢が安定していても、テロや戦争、政策の変更、経済指標の発表など、特殊な状況下では、為替レートが短期間のうちに激しく動くことがあります。これを地政学的リスクといいます。


トルコリラはこの影響を特に受けやすいと思います。


決済ができないリスク


取引量が少ないマイナーな通貨の場合、主要な市場が祝日だったり、テロが起こったりすることで、希望するタイミングで決済できないことがあります。


これを流動性のリスクといいます。マイナーな通貨は、新聞やテレビでその国の情報がわかりづらく、これもリスクのひとつといえます。


もこちんはマイナー通貨ではなかったですが、急激な変動で決済できなかったことが1度だけあります。


その時は、損ではなくて、儲ける方に動いたのですが、目の前で利益がどんどん増えていくのに決済できないで、ヤキモキしながら画面を眺めていました。


決済できたのは、一番利益が出ていた時の半分でした。60万程利益が出て良かったのですが、一番利益がでていた時で120万だったので、かなり悔しい思いをしました。


もこちんはどちらというと、損切りの注文は必ず入れますが、利確の注文は入れないことが多いです。


その辺も別の機会で書いていきたいと思います。


ネット取引のリスク


インターネットでの取引の場合、売買注文の入力ミスなどで誤注文してしまい、意図しないレートで取引が成立してしまう可能性があります。


これは、もこちんが初心者のころ、本当によくやりました。FX市場は日本から見れば夜中が主戦場です。


眠くてボーッとしていたんでしょう。


売りと買いを間違えることもしょっちゅうでした。今はありませんが。


またパスワードなどが漏洩して、第三者に悪用されてしまうことも考えられます。


ウィルス対策も万全にしておくべきですね。


今回はこの辺にして、また次回続きを書かせていただきたいと思います。


お読みいただきありがとうございました。


以上もこちんでした〜

fx.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


副業プランナーもこちんへの無料メール相談受付中!


もし、副業のことでお悩みを抱えていたり、


稼いで、人生を変えたいと思っていたら


↓こちらからもこちんにご相談ください!

ご相談はこちらから


特に、不動産投資とFXでは多くの経験を積んでいますので


お力になれることもあると思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■