副業プランナーのもこちんです。


今回もFX初心者講座ということでお届けしたいと思います。


FX初心者講座も6回目になりました。


今回はショートについて触れていきたいと思います。


ショート


通貨を日本円で買って、円安が進んだところで売って利益を出す。


これがFXの一般的なスタイルです。そしてFXに限らず、投資では一般的ですし、しっくりくると思います。


チャートを見て、低いところでポジションと建て、上がってきたら決済する。


これをFXではロングといいます。


そして視覚的にもわかりやすいので、初心者の方は、ロングで取引をする方が圧倒的に多いと思います。


以前は、一般のトレーダーはよく外国のトレーダーに、日本の昼休みにロング中心のトレードで相場を動かすこともあった日本人の一般の主婦やサラリーマンのトレーダーをミセスワタナベとかキモノトレーダーと呼びました。


それだけ、日本人の一般のトレーダーはロング中心だったんです。


今は、広い意味で日本の一般のトレーダーをミセスワタナベと呼んだりします。


FXでは、「売りから入って、あとから買い戻す」ことで利益を出すことができます。


そして、売り、つまりショートで入る感覚を覚えないと、FXの世界では生き残れません。


普通なら、1ドル100円のレートで1万ドル(100万円分)を買い、1ドル110円になったところでそれを売り、10万円の利益を得ます。これが「買ってから売る」スタイルです。


逆に、1ドル110円のレートで、実際には持っていない1万ドル(110万円分)を売り、1ドル100円になったところで、その1万ドル(110万円分)を買い戻すことで、10万円の利益を得る。これが「売ってから買う」「売りから入って、あとで買い戻す」スタイルです。「売りから入る」「空売り」ともいいます。


持ってもいないドルを売るという概念が、少しわかりづらいかもしれませんが、ドルを取引会社から借りると考えるとわかりやすいでしょう。


借りた1万ドルを、1ドル110円のレートでそのまま売ります。つまり110万円を持つということになります。しばらくしてレートが1ドル100円に下がったら、今度はその110万円でドルを買います。すると、1万1千ドルが手に入ります。借りた1万ドルを返しても、差額の1千ドル、つまり10万円は、利益として自分のものになるわけです。


株式取引などでも空売りのシステムはあります。ただ株は借りた分だけ金利を支払わなくてはなりませんが、FXではそういったお金がかかりません。


ただし、日本は超低金利なので、空売りすると、スワップポイントがマイナスになって、逆に金利支払わなくてはならないことがあります。


「買ってから売る」場合なら、円高の時に買い、円安の時に売ることで利益を得るわけですが、「売ってから買う」場合は、逆に円安の時に売り、円高の時に買い戻すことで利益を得ます。


つまり、為替レートが上がっている時でも、下がっている時でも、どちらでも利益を出すことができるというわけです。


もちろん、売りから入って損失を出してしまうこともあります。たとえば1ドル110円のレートで、1万ドルの売りから入り、110万円を持つとします。その後レートが下がって1ドル120円の時に買い戻すと、約9160ドル、つまり10万円分の損失が生まれます。


ただ、仕組みとしては上記の通りですが、わからなければ、あまり難しく考えないで、日本円に絡んだ取引をする時は、チャートが上がる時は円安でロング、下がる時は、円高でショート、そんな覚え方でいいと思います。


要は、自分が動くと考えたほうにポジションを建てていくわけですからね。

ただし、上記でふれましたがスワップポイントでは注意してください。


金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う場合は、ポジションを持ち続ければスワップポイントは利益として受け取ることができます。


しかし、金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買う場合は、逆にスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。


たとえば、米ドル円で売りから入る場合は、金利1.8%のドルを売って、金利0.1%の円を買うので、スワップポイントがマイナスになり、ポジションを持っている間は、毎日スワップポイントを支払うことになります。


超低金利の日本円は、「買ってから売る」場合は有利に働きますが、売りから入る場合は、不利になるので注意が必要です。


ただ、何度も述べてきましたが、今の時代はスワップポイント狙いの取引はあまりおすすめしません。


もこちんは、あくまでスワップポイントはついでみたいなもので、トレード時は全く考慮しません。


為替レートの変動のほうがずっと大きいからです。


今回はこの辺までにしたいと思います。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


以上もこちんでした〜


PS 昨日の米国雇用統計は、無風に近かったですね。


やはり大統領選挙が終わるまでは、様子見の方が多いのですね。


FXをやっていると、どうしてもポジションを建てたくなりますが、思わぬ変動で損失を出すときがあるので、こういうときは無理をしないことが大事です。


もこちん、昔はかなりのポジポジ病でしたよ。笑


fx.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


副業プランナーもこちんへの無料メール相談受付中!


もし、副業のことでお悩みを抱えていたり、


稼いで、人生を変えたいと思っていたら


↓こちらからもこちんにご相談ください!

ご相談はこちらから


特に、不動産投資とFXでは多くの経験を積んでいますので


お力になれることもあると思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■