副業プランナーのもこちんです。


今回は2wayプライス表示についてお届けしようと思います。


2wayってなんだ?って思う方もいると思いますが、決してリバーシブルの服ではありません。


FXの世界での2wayプライスはトレーダーが取引の注文を出す際に、FX取引会社が売りと買いの両方の取引レートを同時に表示することです。


たとえば、「米ドル円 110.50〜110.55」と表示されていた場合、左の安い数字が投資家にとっての売値、右の高い数字が投資家にとっての買値ということになります。


テレビニュースや新聞でもこのような表示になっていますね?


投資家が1ドルを売る時は110円50銭で売ることができ、逆に投資家が1ドルを買う時は110円55銭で買うことができるという意味です。


FX取引会社からしてみると、110円50銭で買い、110円55銭で売るということになります。


FX取引会社から見た買値、つまり左側の数値をBid(ビット)といい、FX取引会社から見た売値、つまり右側の数値をAsk(アスク)またはオファーといいます。


上記のレートだと、1ドルを買い、為替レートがまったく動かない状態で売っても、投資家は5銭分損することになります。逆に取引会社は5銭の利益を得ます。この差額をスプレッドといいます。


FX取引会社は多くの会社が手数料を無料にしているかわりに、このスプレッドによって利益をあげています。


ということは、トレーダーからしてみると、スプレッドは実質的な手数料ということになります。


スプレッドが大きければ大きいほど、取引手数料がかかる分、トレーダーにとっては不利で、スプレッドが小さいほどトレーダーにとっては有利ということになります。


何度か言いましたが、このスプレッドは、FX取引会社や取引する通貨ペアによってことなります。


取引会社を選ぶ際は、事前に必ず確認しましょう。


わざわざスプレッドが大きいFX取引会社を選ばないようにしましょう。


実はスプレッドがある程度大きいけど、大きいポジションを建てようとする時、約定力が高いFX取引会社があるのも事実です。


ただ正直、初心者の方はそこまで大きいポジションを建てないでしょうから、まずはスプレッドの小さいFX取引会社で充分だと思います。


前回の記事でもこちんが利用しているFX取引口座を書かせていただきました。


よろしければご覧ください。


それでは今回はここまでにさせていただきます。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


以上もこちんでした〜


fx.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


副業プランナーもこちんへの無料メール相談受付中!


もし、副業のことでお悩みを抱えていたり、


稼いで、人生を変えたいと思っていたら


↓こちらからもこちんにご相談ください!

ご相談はこちらから


特に、不動産投資とFXでは多くの経験を積んでいますので


お力になれることもあると思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 カテゴリ