副業プランナーのもこちんです。


今回もFX初心者講座ということでお届けしたいと思います。


今回のテーマはFXで儲かったら納税しましょうです。


副業である一定の収入を本業以外にも稼いでしまったのであれば、サラリーマンであっても確定申告をする必要が出てきます。


もちろん、これからトレードで稼いでいこうと思っているならば、納税のことは覚えておかなくてはいけません。



FXは特定口座がありません。


つまり確定申告する必要が出てきます。


そもそも特定口座って何?って思う方もいるかもしれません。


特定口座は株式投資で、「特定口座の源泉徴収あり」を選べば、自動的に税金を引いてくれます。


FXにはそれがありません。なので一定以上の利益が出たら確定申告をしなければならないのです。


ネット、WEB上で取引をしていると、誰にもばれない気がしてきますが、税務署は甘くありません。


いづれ税務署には必ず知られてしまうので、余計なことは考えずに、きちんと申告しましょう。


口座を持っているFX取引業者から損益の通知はきますので、同じものが税務署にもいくんだという認識でいたほうがいいでしょう。


一番大変なのは、思った以上に儲かったのに、それを使ってしまった場合です。


申告時には負けていて資金もない。


そうなったら悲惨です。


利益が出ても、それなりに申告の必要が出てきそうでしたら、ちゃんと残しておきましょう。

追徴税ならまだしも、悪質だと「脱税」になってしまって、罰金を含めて刑罰もあります。


ですから、今まで述べてきたように、キチンと確定申告をした上で、さっさと税金を支払ってしまった方が楽です。


税金が高い安いを騒いでもしょうがありません。


それは制度ですから、変えたければ政治家になるしかありません。笑


ただ、確定申告をしなくてもいい場合がありますので下記で確認してください。ただ、もこちんは税理士ではないので、不明な時は税務署や税理士にお問い合わせください。


最近は税務署も丁寧なので、けっこう親切に教えてくれます。


なので、聞くだけなら、税務署が一番いいと思います。


税理士は費用がかかりますからね。。笑


確定申告をしなくて済む人は


・年収2000万円以下のサラリーマン&OL

・年間20万円未満の方

・主婦、学生といった扶養で年間38万円未満の利益の方


であれば、確定申告はしなくていいのです。


また、FXの利益は雑所得として申告分離課税の対象となるので、


所得額に関わらず、税率は一律20%になります。ただし、税率も変動の可能性があるので、税務署に確認してください。


ただ、FXで稼いだら税金を支払う必要はあるものの、雑所得の必要経費が認められているので、税金を支払う金額を少なくして、節税ができます。


例えば、FXで稼ぐ為に必要であった、投資関連の書籍、セミナー、トレードに使うパソコンなども経費として扱われる場合があります。


あくまで経費として扱われる場合がある、ということなので絶対ではありません。


なので、一応、トレードに関することに使ったお金の領収書はとっておきましょう。


あと、損失がでた場合、最長で3年間損失額の繰越控除ができます。


先物取引やオプション取引も損益通算が出来ますし、最長で3年間の損失額の繰越控除が出来ます。


なので、仮にFXで稼いでしまって先物取り引きで損を出してしまった場合には、両方を通算し、確定申告をして税金を支払えばいいってことです。


もしも損失があり、確定申告をしておけば翌年稼いだ場合は損益を通算し、控除できます。


ちなみに税金の計算は1月1日から12月31日まで。


確定申告に関しては2月中旬から3月中旬までです。


その期間の間に1月1日から12月31日までの計算をし、2月3月の期限内に税務署に申告するのです。


もこちんは、アパート経営やせどりもやっているので、申告時は憂鬱になります。


いつも分野ごとに領収書をノートに地味にペタペタやっています。笑


まずは確定申告も、利益を出すことが大事ですので、利益を出せるようにがんばりましょう。


今回はこの辺で失礼します。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


以上、もこちんでした〜


fx.png