副業プランナーのもこちんです。


今回は「利用目的があれば土地は買い時か!?」


をテーマにお届けしたいと思います。


地方の不動産価格はここ何年も下落基調です。


不動産価格に関しては何度かお届けしてきました。


よろしければ過去記事もお読みください。


↓↓↓

不動産は買い手市場?!


今回もそんな不動産のお話です。


もこちん、いろいろと副業に取り組んでいますが、不動産投資に関しては本業に関わるところでもあります。


今、依頼を受けている土地がようやく売買契約間近になっているのですが、その土地はこんな感じです。


400坪.JPG


400坪あります。


造成地ですね。


造成したものの、ずっと売れないできた土地です。


今の依頼主、地主さんの親からの相続物件です。


この土地、20年ほど前に地主さんの親が、坪8万円、3,200万円で購入したものです。


以前はこうして、いつか高くなるかもしれないといった思惑で土地を購入した方がたくさんいました。


時代が違いましたね。


それが、今、この土地がいったいいくらで売買契約しそうかというと・・・


何と!


1,000万円です!


坪単価にすると2万5千円です。


半分どころでないですね。


8万で買ったものが2万5千円です。


ここ数年も、他の不動産会社で5万円で売りに出してはいたのですが、全く売れず、4万円に下げても売れず、そんな状態でした。


別件の仕事で、この地主さんと知り合って、今、購入希望者と交渉させてもらうことになったのですが、1,000万円で決まりそうなとこまできたんですね。


地主さんも、何年も売れずにきたので、しょうがないといったところです。


地方税法422条の3 通知書から逆算した販売価格は、45,000円。


それでも売れない時代になってきました。


地主さんには悪いのですが、買う側から見れば、かなりお得な買い物であるということが出来ます。


もちろん、購入希望者は、目的があって買うわけです。


ここで重要なのは、いくら安くても、目的のない不動産は買ってはいけないということ。


ただ持っていても、値上がりが見込めないわけですからね。。


安く買った物件で、そこからしっかりと利益を生み出さないといけません。


不動産投資は昔は、地主さんや、一部の資産家のものでした。


でも今は違います。


土地が安く購入できるのであれば、一般の方でも不動産投資は出来る時代です。


もこちんは、不動産会社に勤めているので、ポジショントークだと感じる方もいるかもしれませんが、いくら人口が減ろうとも、もこちんが不動産投資に悲観的になってない理由の一つです。


もちろん安いから飛びついてはダメです。


どのくらいの利益を生むか、利回り計算はしっかりしなければなりません。


みなさんのお住まいの地域でも、買い手から見て、いい物件は必ずあると思います。


不動産投資に興味がある方は、そういった物件を探してみてください。


お得な物件が見つかるかもしれませんよ。



ここまでお読みいただきありがとうございました。


以上、もこちんでした〜
















※PS 今回の土地のお話は、もこちんが扱っているなかでも、年間数回しかないほどの値下げです。場所によっては地方であっても、それほど下落していない土地もありますので、全てに当てはまるわけでないことをご了承ください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


副業プランナーもこちんへの無料メール相談受付中!


もし、副業のことでお悩みを抱えていたり、


稼いで、人生を変えたいと思っていたら


↓こちらからもこちんにご相談ください!

ご相談はこちらから


特に、不動産投資とFXでは多くの経験を積んでいますので


お力になれることもあると思います。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■