もこちんです。


昨日のトランプ大統領の疑惑で市場は大きくリスクオフに傾きました。


トランプ大統領の疑惑巡る騒動は大混乱の始まりか


本日5/18の市場は東京株式市場の日経こそ260円ほど下げましたが、為替市場はショートカバーの動きで円安になっています。


もこちん、正直なところ、昨日からの下げをみたところでは、ショートカバーも構わず、下に攻め続けると思っていたので意外と言えば意外です。


そのくらいの勢いを感じたわけで。。


現在5/18の15:30ですが、今のところはまだ安定しながらジリジリと上げています。


この後、欧州時間、NY時間となっていくわけですが、今後の動きに注目です。


特に、トランプ大統領ご当人のNY時間でどのような動きになるのか??


もこちんとしては、今の上げ、つまり円安は、下げの中の上げだと思っているので、NY時間では売られる展開、つまり円高がまた進むと考えています。


ただ、どうなるかわからないのが相場です。


決め打ちはしないでいかないといけませんね。


結局のところは、短期チャートでのトレードが多いので、動いた方についていくしかないわけなんですが。


5分足、15分足をみながらのトレードになると思います。


通過ペアとしては、ドル円、ポンド円、ユーロ円、オージー円のどれかにですね。



下を攻めるとなると、本日発表されたオーストラリアの雇用統計が良かったので、ちょっとやりにくいですね。


あとは、ユーロ円。


ユーロドルでユーロ買いが起こるかな。


となると、ドル円かポンド円。


ポンド円は、17:30に指標発表もありますし。


と、考えるとドル円ですかね。


でも実はもこちんドル円をトレードする時あんまりないんだよなー。


とまあ、そんな感じでまだ悩んでいます。


と、書いていましたら、だんだん下げてきましたね。


午前中のブログにも書きましたが、一昨日まではイージー相場だったんですけどねぇ。


これだから相場はわかりません。


そして、長期的な予想もあまり参考にならないですね。


もこちん、無駄に相場歴は長いので、多くのエコノミスト、評論家の予想を見てきましたが、本当に当たらないです。笑


中には、神ってるように当てる方もいますが、いつも当たるわけでないですので、ご参考程度にしておいた方がいいと思います。


もちろん、もこちんのこの記事もそうですが。笑


ちょっと想像の話しでもあるんですが、トランプ大統領が、この問題・疑惑から目をそらさせるために、外の問題、つまり北朝鮮攻撃などの行動に出る可能性もあるのではないか?


そんなことも少し考えています。


どちらにしてもリスクオフの状況には変わりませんね。


ということで、トランプ大統領の疑惑が晴れるまでは、リスクオフ相場を想定しながらトレードしようと思います。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


トレードは自己責任でお願いします。


以上、もこちんでした〜


0205-25.JPG







※専門家の話は当てにならないと上記で触れましたが、この方が言うと「えっ!そうなの??」って思ってしまいます。今井雅人氏は政治家ですが、実際のトレーダーとしても有名です。


トランプリスク再燃で米ドル/円に投げ売り!
混乱の時こそドルの買い場と考えるワケは?


 カテゴリ