おはようございます、もこちんです(*^-^*) 2017/06/08


6月8日はイベント満載、相場の世界では、今日を


暗黒の木曜日


などと言う方もいます。


どんだけや。笑


とツッコミたくなります。


ただ、そういわれるのも無理はない感じもします。


なんと言っても、


・英国総選挙

・ECB理事会(ドラちゃん発言含む)

・米国コミーFBI前長官議会証言



この3つのイベントが重なりますからね。


英国の総選挙の結果は明日6月9日日本時間の午前中になりますが、ヘッドラインニュースで右往左往するのは見えますから。


しかも、こんなことも言われています。


ヒンデンブルグ・オーメンが点灯



ヒンデンブルグオーメン??なんじゃそれ??


という方もいるかもしれません。


もこちんもあまり詳しくはありませんが、ヒンデンブルグオーメンが点灯すると、


株価暴落の前兆とされるシグナル(サイン)


おいおい怖いじゃないか。。


つまり「点灯=売りサイン」ということらしい。


しかも一度点灯すると、40営業日(約2カ月弱)は有効!


けっこう長いじゃん。。


そしてその間に、


・77%(80%との意見も)の確率で、株価は5%以上下落

・パニック売りとなる可能性は41%

・重大なクラッシュとなる可能性は24%



みたい。。


いやですね。。


最近だと、2015年6月にも点灯したようですが、その時はどうだったかというと。。


↓↓↓


「ヒンデンブルグ・オーメンのサインが出たのは2015年6月中旬以来である。このときは、同8月の中国株大暴落を受けて、NYダウは1万8000ドル台から1万5000ドル台まで下落した。同6月から8月ということでいくと、約2カ月で約15%の下落だったが、同8月19日の1万7517.19ドル(高値)から同24日(安値)1万5370.33ドルと、この間わずか4営業日で2000ドル強下落していることから、重大なクラッシュととらえてもいい下落だったといえよう。」東洋経済ONLINEより


あれ??


これってチャイナショックじゃん!!


ん〜、一応警戒の必要はありそうですね。


実はもこちんはチャイナショックの時に儲かったんですけど、値動き半端でありませんでしたからね。


でも狙って取れたわけではありませんので、あしからず。笑


さて、昨日の為替相場ですが、ECBのヘッドラインニュースからのユーロ売りのタイミングに上手くのれましたが、売り増し売り増しで、最後は見事に返り討ちに遭ってしまいました。。



久しぶりにポジションマシマシしたので、ダメージ受けましたよ。。


ホント踊らされてしまいました。


まぁ、でもこれが今日だったら、こんなもんではすまなかったでしょうから。


今日は、東京時間は、トレードしてもポジション小さめ、欧州が参入するころからは、ノーポジでいます。


値動きがあるとトレードしたくなりますが、見切り発車だけはしないように、正座をしながら暗黒の木曜日を楽しもうと思います。



明日も明後日も相場はありますから、まずは無理せず生き残りましょう。


みなさんにご利益を(*^-^*)


ここまでお読みいただきありがとうございました。


以上、もこちんでした〜


※北朝鮮がまた何か発射したみたいですが、線香花火くらいの影響しかなかった模様ですね。笑


北朝鮮も、綺麗な花火をドンドン打ち上げて、世界に愛される国を目指せばいいのに。


0205-27.JPG